MENU

広島にある酵素浴をまとめてみました

このブログの人気記事は「京の酵素浴」です。

こちらの酵素浴は、いわゆるガンの治療目的の方が検索されていると思います。

やはり、癌の方には本場の京の酵素浴をオススメしますが、酵素浴がどんなものが体験してみたい。

とりあえず、京都まではマメに行けないが、温熱療法として酵素浴を使ってみたいという方のために、地元広島の酵素浴についてまとめてみました。

調べてみると、最近は酵素浴の人気が高まっているのか広島市近郊だけでもたくさん酵素浴の施設ができていました。

とりあえず、まとめを見てみましょう。

 

広島市近郊の酵素浴施設について

1.米ぬか酵素風呂・五日市

  • 料  金  2,700円、回数券10回22,000円
  • 定休日   木曜日
  • 営業時間  9時~19時(18時予約まで)
  • 電話番号  082-921-7011
  • 住  所  広島県広島市佐伯区隅の浜1-3-11
  • その他   ガウン・バスタオル・フェイスタオル貸出
  • その他   駐車場7台あり(要予約)

 

2.金屋町発酵倶楽部 米ぬか酵素風呂

  • 料  金  3,240円、回数券回数券 4回分(1回分 2,750円)3ヶ月間有効11,000円、回数券 1週間 3回(1回分 2,300円)6,900円、回数券 1ヶ月 12回(1回分 1,992円)23,900円
  • 定休日   なし
  • 営業時間  平日:9時30分~12時 13時30分~19時 日・祝日:9時30分~12時 13時30分~17時
  • 電話番号  082-261-2012
  • 住  所  広島県広島市南区金屋町3-6
  • その他   ガウン300円 その他オプションあり 駐車場明記なし
  • その他   facebook youtubu あり
  • その他   ※現在新規受付休止(2017.4.14現在)

 

3.米ぬか酵素 広島安芸店

  • 料  金  おためし体験(初回のみ)1,500円、1回現金3,000円、3回分回数券(3ヶ月間有効)8,000円、6回分回数券(6ヶ月間有効)15,000円、12回分回数券(12ヶ月間有効)25,000円
  • 定休日   月曜日
  • 営業時間  9時~12時 14時~18時
  • 電話番号  082-823-8118
  • 住  所  広島県安芸郡海田町南大正町2-2
  • その他   バスタオル100円
  • その他   駐車場3台

 

4.米ぬか酵素・風呂(HPなし)

  • 料  金  2,700円(詳細はTELにて確認)
  • 定休日   未確認
  • 営業時間  10時~18時
  • 電話番号  082-824-7310
  • 住  所  広島県広島市安佐北区口田南2-2-12
  • その他   HPがないため詳細不明
  • その他   体験ブログ→http://ameblo.jp/gracenine/entry-11990273031.html

 

5.酵素風呂森蔵

  • 料  金  2,200円、回数券11回(有効期間 12ヶ月)20,000円(1回 約1,810円)
  • 定休日   月曜日
  • 営業時間  9時30分~18時30分
  • 電話番号  0826-46-3900
  • 住  所  広島県安芸高田市向原町戸島3376‐1
  • その他   桧酵素風呂、酵素着着用、タオル無料、縁結びイベントなどあり

 

6.米ぬか酵素風呂コウソール

  • 料  金  3,500円、回数券(4枚綴り)10,000円(11枚綴り)25,000円、2ヶ月間限定割引券 (3回 2500円/回で入酵できます)
  • 定休日   不定休
  • 営業時間  10時~18時
  • 電話番号  090-1330-5036
  • 住  所  広島県安芸郡海田町蟹原2-5-26
  • その他   バスタオル持参、当日予約受付15時まで、駐車場少数、LINE・ポイントあり

 

その他に、東広島市や呉市にもあるようですが、営業中の確認が出来ていないため、広島市近郊で現在営業が確認できる施設をまとめました。

 

酵素浴に行く前に予約をしましょう

酵素浴は、どの施設も一度に入ることのできる人数は少数です。

ですので、いきなり行くと一杯で入れない場合もあります。

また、施設によっては完全予約制の酵素風呂もあります。

必ず行く前は、電話などで予約の上、持参物の確認をしましょう。

持参物も施設により、タオルなどがセットの施設、料金がかかるもの、持参する必要があるものなど異なります。

駐車場についても、予約と同時に空きがあるか確認しておきましょう。

そしてどの施設も大抵男性も可能ですが、入浴可か念のために確認しておきましょう。

女性の場合、生理中の場合でも入ることは可能のようですが、下着等の準備が必要な場合もありますのでこちらも確認しましょう。

 

酵素浴の種類について

基本的に先に紹介した酵素浴は殆どの施設で米糠酵素を使っております。

森蔵だけが、桧の酵素風呂となっており、着衣の上入浴となります。

その他の施設は、米糠酵素に裸で入る形となります。

ちなみに京の酵素浴はおがくずなど、様々なものがブレンドされているようです。

 

 

目次

米ぬか酵素風呂・五日市に実際に行ってみました

ご紹介した広島の酵素浴のうち、米ぬか酵素風呂・五日市さんに実際に行ってみました。

当日は写真を撮り忘れたため、お店出来ないのが残念です。

さて、一度連絡したのですが当日はすでに予約がいっぱいのため取ることが出来ませんでした。

やはり週末は混んでいるようです。

次の週に気を取り直し、再度予約を入れました。

 

当日は宮島街道を西へ向かい、地図の橋を渡ったところで右折します。

逆方向からだと、恐らく見逃してしまうかもしれません。

あまり幹線道路から目だって見える感じではありませんので通り過ぎないよう気をつけてください。

右折後はすぐに踏切があります。

踏切の先右手が店舗となり、店舗前に駐車場があるのですが、入りにくいため別の駐車場へ止めました。

店舗のすぐ先を左折して下ると、別の駐車場です。

 

車を止めて、店舗に入ると普通の家のような感じです。

入り口に受付があり、初めての方は簡単なカルテを記入します。

記入後呼ばれるとロッカールームへ案内されます。

そこで服を脱ぎ、ガウンに着替えます。

こちらの施設では、ガウン、タオル等はセット料金です。

着替えると、お湯を一杯飲んで、脱水に備えます。

 

酵素風呂の準備ができると、また呼ばれますので隣の浴室に移動です。

このあたりの写真があると、面白いのでしょうがすいません…

HPを参照してください。

 

さて、隣の部屋に移ると説明があり、その後ガウンを脱いで酵素風呂に入ります。

そして見えては困る部分に、自分で酵素をかけて隠します。

準備ができたら店員さんを呼びます。

店員さんがその後、しっかりと体に酵素をかけてくれます。

自分の場合は、耳に綿を詰めて頭まで酵素で覆ってもらいました。

また、目の上にガーゼを乗せて目にもかけてくれました。

 

約15分間この状態で待ちます。

しかし…この米ぬか酵素浴ものすごく熱いんです。

初めて京の酵素浴に入ったときは熱く感じましたが、30分程度は入れそうな感じでした。

しかしこの米糠酵素はもう15分間耐えれないかと思いました。

あとで店員さんに聞いてみると、発酵温度はこちらのほうが高いとのことでした。

温熱効果だけを考えると、こちらも十分に効果がありそうですね。

ただし京の酵素浴は秘密のレシピで、薬草など色んな混ぜものがしてあるそうです。

その違いがどのくらいまであるのかを知りたいですね。

 

終了時間が来ると、店員さんが案内してくれますので、起き上がり酵素を払わずにシャワー室へ移動します。

シャワーを浴び終わったら、再びガウンを着込んでロッカー室へ戻ります。

ここで汗が引くまで休憩するのですが、コレが全然汗が止まりません。

暖房がきいていることもあるのですが、30分以上も汗が出ていましたよ。

 

実際に酵素浴に入っている時間は約15分ですが、休憩時間等も入れると、約1時間ちょっとかかると考えておいたほうが良いでしょう。

こちらの五日市店さんでは酵素風呂桶が3つになります。

いっぺんに多くの人数が入れませんのでしっかりと予約していきましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる